白浜町

白浜町

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用した。(承認番号 平25情使、第72-GISMAP32551号)

円月島

円月島

 この島は臨海浦に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島(正式名称は高嶋)です。島全体が北側の番所の崎から続く比較的新しい礫岩でできており、中央部には、海食洞門がぽっかりとあいています。夕日が海食洞門に重なる夕景には風情があります。

このページの上へ

白浜の泥岩岩脈

白浜の泥岩岩脈

 権現崎では、田辺層群上部層に泥質な下部層が貫入した泥岩岩脈が発達します。田辺層群形成当時、地震などをきっかけに地下深くの泥が液状化し、上の地層の中に割り込んでできた泥ダイアピルから延びている岩脈と考えられています。波食棚から海食崖にかけて、泥岩岩脈を立体的に観察できる貴重な場所です。

このページの上へ

白浜温泉

白浜温泉
 飛鳥時代から牟婁の温湯とよばれ、日本書紀にも記録が残る温泉地で日本三古湯の一つです。枯木灘弧状岩脈の北部延長上に位置し、田辺層群上部層から湧出し、炭酸水素ナトリウムを主要成分とする高温泉です。源泉の大部分は元来自噴泉で湯崎地区に集中しています。

このページの上へ

千畳敷

千畳敷

 波の浸食でできた平らな海底(波食台)が隆起して海岸段丘となった地形です。陸側の駐車場下に段丘礫層が見られます。田辺層群上部層の砂岩層には、浅海でできた地層特有の堆積構造や生痕化石が観察できます。千畳敷近くの海食洞は、ユビナガコウモリの近畿地方唯一の繁殖洞となっています。

このページの上へ

三段壁

三段壁

 前弧海盆に堆積した田辺層群上部層の厚い砂岩層がつくる高さ50mほどの海食崖です。その下部には海食洞が形成されています。枯木灘弧状岩脈の北部延長に位置し、周辺に鉱山跡がいくつか存在します。洞窟内の砂岩層から鉱床成分がしみ出し、茶褐色に変色している部分があります。熊野水軍の伝説が残っています。

このページの上へ

保呂の虫喰岩

保呂の虫喰岩

 この岩壁は田辺層群上部層の厚い砂岩と礫岩の地層からなり、礫岩の部分に「虫喰い」風化がよく見られます。岩壁には多数の凹みが蜂の巣状に密集しています。この蜂の巣状の風化はタフォニと呼ばれ、地層中の塩類の溶解と析出によってできたと考えられています。

このページの上へ

日神社(ニチジンジャ)の津波警告板

日神社の津波警告

 宝永地震(1707年)の被害状況、津波襲来時の避難方法を書き記したものです。高瀬村(現 白浜町富田)の村民が、津波体験を草堂寺の和尚に依頼して書いてもらい、飛鳥神社に奉納したものです。明治42年(1909年)の神社合祀の際に日神社に移管されました。

このページの上へ

シガラミ磯

シガラミ磯

 前弧海盆に堆積した田辺層群上部層の砂岩泥岩互層が織りなす絶妙な縞模様が印象的です。おもに潮流や波浪により砂などが運ばれて形成された堆積構造が発達し、浅海で堆積した地層の特徴を観察することができます。また、生痕化石も見られます。

このページの上へ

見草崎

見草崎

 前弧海盆に堆積した田辺層群の上部層が分布します。見草崎には斜交層理やリップルマークなど、浅海に堆積した地層特有の堆積構造を観察することができます。また貝、クジラ、カニなどの化石が発見されています。港の対岸には、かつて地層の中を泥が数100m上昇した泥ダイアピルを観察することもできます。

このページの上へ

椿温泉

椿温泉

 江戸時代中頃に、白鷺が足の傷を治しているのを見て発見されたと伝えられている温泉地です。白浜温泉と同じく、枯木灘弧状岩脈の北部延長上に位置し、田辺層群上部層から湧出しています。

このページの上へ

市江崎

市江崎

 前弧海盆に堆積した田辺層群の上部層に下部層の泥岩が貫入し泥ダイアピルを形成しました。かつて地震などをきっかけに、地下深くの泥が液状化し、上の地層の中に割り込んでできた円柱状貫入物質を泥ダイアピルといいます。これが海底や地表に噴出すると泥火山になります。現世の泥火山は、熊野灘(海底)、北海道新冠(陸上)で知られています。

このページの上へ

志原海岸

志原海岸

 前弧海盆に堆積した田辺層群の地層が広大な波食棚に露出し、志原の千畳敷として有名です。砂岩と泥岩の折り重なった砂岩泥岩互層が分布し、海食崖・海食洞・波食棚などの海岸地形が発達します。地層には生痕化石が多く見られます。海岸南側の村島磯は、田辺層群下部層の傾斜した地層を観察することができます。