第2回 南紀熊野ジオパークセンター講演会のお知らせ

 

木村 学先生(国立大学法人 東京海洋大学 特任教授)による講演会

プレートテクトニクスの最近動向と南海トラフ・日本列島を開催します。

 

【日  時】 令和元年11月30日(土)11時~12時

【場  所】 南紀熊野ジオパークセンター 2階映像室

       東牟婁郡串本町潮岬2838-3(潮岬観光タワー西隣)

【定  員】 約100名

       ※当日は、手話通訳者及び要約筆記者を配置します。

【申込方法】 事前の申し込みは不要

【講演内容】

近年、地球内部透視、地震と測地観測の長足の進歩で地球観が飛躍している。特にアジアと西太平洋の沈み込み帯は目を見張るものがある。南海トラフと日本列島は、プレート境界でのゆっくり地震観測と海陸超稠密変動観測によって時々刻々の変化が観測され、地質学的な研究と合わせ、20世紀的見方が一新されつつある。

 

【講師略歴】

1981年 3月  北海道大学大学院理学系研究科修了・理学博士
1982年 5月  香川大学教育学部 講師
1984年10月  香川大学教育学部 助教授
1994年 4月  大阪府立大学総合科学部 教授
1997年 8月  東京大学大学院理学系研究科 教授
2016年 3月末 東京大学を定年退職
2016年 4月  東京海洋大学 特任教授、東京大学名誉教授 
現在に至る

一般社団法人日本地質学会会長、公益社団法人日本地球惑星科学連合会長などを歴任し、2013年より南紀熊野ジオパーク推進協議会顧問、2014年より日本学術会議第3部会会員、2015年より日本地球掘削科学コンソーシアム会長

 

【問い合わせ先】

  南紀熊野ジオパークセンター

  TEL:0735-67-7100 FAX:0735-67-7191