活動促進事業共催団体決定

ジオパーク活動の促進を目的に、地域の民間団体等から活動計画を募集したところ、7団体(者)から募集があり、審査の結果、下記の4団体に決定しました。

1.ひきがわ歴史クラブ[白浜町]

ひきがわ・大地の歴史マップ

日置川地域の地形・地質や歴史・文化の情報を地域内外に発信・紹介し、郷土愛の醸成及び地域活性化に繋げる目的でマップを作成

2.大辺路刈り開き隊[串本町]

古座川の絶景ポイント

古座川U字蛇行(古座川町立合地区)を望む絶景ポイントの眺望を確保するために、周辺の木々を伐採し、古座川の新たな魅力ポイントを開発

3.熊野地MAP実行委員会[新宮市]

くまの地MAPプロジェクト

外国人・子供の視点を盛り込んだ多角的なジオサイト・世界遺産熊野古道ストーリーブックの研究開発

4.田並劇場保存会[串本町]

田並劇場ジオステーション整備

田並劇場内の一角に、串本町西部のジオパークを紹介するコーナーを整備

ダウンロードはこちらから

 

【南紀熊野ジオパーク活動促進事業とは】

南紀熊野ジオパークエリアを拠点としている民間団体等に対して、1件あたり8万円までの活動資金を助成し、南紀熊野ジオパーク推進協議会と共催でジオパーク活動を行う事業です。