すさみ町

すさみ町

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用した。(承認番号 平25情使、第72-GISMAP32551号)

オン崎

オン崎

 オン崎南側の波食棚では、付加体を特徴付けるスラスト(低角な逆断層)が観察できます。大規模なスラストの運動により、波食棚は強い力で地層が破壊された破砕帯となっています。紀伊半島の土台をなす付加体が、海洋プレートの沈み込みによって作られるときにできた松根-平井スラストの破砕帯です。

このページの上へ

フェニックス褶曲

フェニックス褶曲

 この褶曲は、かつての海溝に堆積した牟婁層群の砂岩泥岩互層が海洋プレートの沈み込みによって付加体となる時に形成されました。砂岩層が完全に固まる前に陸側に押し付けられ折りたたまれたものです。地層は全体として上下が逆さまになっています。世界的にも有名な褶曲で、中学校の理科の教科書にも採用されています。

このページの上へ

黒島

黒島
 2つの島(沖の黒島、陸の黒島)と大小の岩礁からなります。紀伊半島の隆起と波の浸食によって形成された自然のパノラマで、枯木灘海岸の名勝の一つです。岬と陸の黒島間には陸繋砂州(トンボロ)が形成されつつあり、両側から打ち寄せる波が躍動的です。また、植生は常緑広葉樹林からなり、ウチヤマセンニュウの繁殖地となっています。

このページの上へ

戎島

戎島

 紀伊半島の土台をなす付加体の牟婁層群に、マグマが貫入して形成された火砕岩岩脈です。マグマが地層の割れ目に網目状に入り込んだ様子や、周囲の地層がマグマに取り込まれた岩石(捕獲岩)を観察することができます。すさみ町から白浜町にかけての温泉がこの岩脈にそって分布します。

このページの上へ

江須崎

江須崎

 江須崎は昔の波食棚が隆起して海岸段丘となった地形が特徴です。紀伊半島の土台をなす付加体である牟婁層群の砂岩及び砂岩泥岩互層が観察できます。島全体が春日神社の社叢(しゃそう)として原生林の様相を呈し、暖地性植物の種類に富みます。