新宮市(旧新宮市)

旧新宮市

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用した。(承認番号 平25情使、第72-GISMAP32551号)

孔島・鈴島(クシマ・スズシマ)

孔島・鈴島

 牟婁層群と熊野層群の傾斜不整合が南側の波食棚上で観察できます。北側の鈴島では、南海トラフ地震による隆起を示唆するヤッコカンザシの群生跡が見られます。孔島は、国際的に希少な鳥類であるウチヤマセンニュウの繁殖地です。

このページの上へ

高野坂

高野坂

 王子ヶ浜から三輪崎に抜ける峠道です。王子ヶ浜の南端に位置し、熊野酸性火成岩類の花崗斑岩の峠を越える熊野古道で、峠付近からは王子ヶ浜の遠景が一望できます。道沿いに南無阿弥陀仏の六字名号を刻んだ板碑や地蔵の石仏が点在します。

このページの上へ

王子ヶ浜

王子ヶ浜
 王子ケ浜は、熊野川河口まで運ばれてきた砂礫が、沿岸流の運搬・堆積作用により砂州(礫洲)として形成されました。このような海岸は新宮市から熊野市まで続きます。太平洋に開けた景観と礫浜の音響を楽しむことができます。アカウミガメの産卵地としても有名です。神事の祓いの場でもあります。

このページの上へ

蓬莱山

蓬莱山

 蓬莱山は熊野酸性火成岩類の花崗斑岩からなる小丘です。秦の始皇帝の命を受けた徐福の一行が、蓬莱山を目指して上陸したとされています。古代より神が降臨する霊山として尊敬されてきました。熊野川に面した古くからの祭祀の場で、南麓に阿須賀神社があります。

このページの上へ

新宮城跡

新宮城跡

 熊野川に面した新宮藩主水野氏の居城跡で、丹鶴城とも呼ばれています。熊野酸性火成岩類の花崗斑岩が作る山の上に築城されました。城の石垣には、花崗斑岩が用いられています。熊野川河口に位置し、川と海の交通の要衝に建てられ、川沿いには炭納屋跡があります。

このページの上へ

浮島の森

浮島の森

 泥炭浮遊体でできた島です。島の西側は浮遊しているとみられますが、流入土砂により島の周辺部は固定しています。浮島は、かつて王子ヶ浜の内側に沼沢池が広がっていたことを示唆します。新宮藺沢浮島植物群落として、昭和2年に国の天然記念物に指定されました。

このページの上へ

神倉山のゴトビキ岩

神倉山のゴトビキ岩

 熊野酸性火成岩類の花崗斑岩が風化し、山の斜面にヒキガエルの姿で鎮座する巨岩です。このような球形に風化した岩はコアストーンと呼ばれます。熊野御燈祭(国指定重要無形民俗文化財)の祭祀の中心となっています。

このページの上へ

桑ノ木の滝

桑ノ木の滝
 日本の滝百選にも選ばれた滝です。入口から約500mの遊歩道の先にあるとても優美な滝です。岩壁は花崗斑岩からなり、柱状節理が見られます。

このページの上へ

熊野川九里峡

熊野川九里峡

 田長から新宮にかけて、熊野川が熊野酸性火成岩類の花崗斑岩を浸食したため深い峡谷が形成されています。峡谷の河岸には柱状節理が発達した岩壁や奇岩を観察することができます。かつての熊野詣では、本宮に詣でた後、川舟で新宮へ下り、その後那智をめざしました。2005年に「川の参詣道」熊野川の川舟下りが復活しました。

【エリアが重複するため、『新宮市(旧熊野川町)』にも、同じものが記載されています】

このページの上へ