串本町

串本町

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用した。(承認番号 平25情使、第72-GISMAP32551号)

荒船海岸

荒船海岸

 熊野層群の泥岩の比率が多い砂岩泥岩互層が分布します。水平に堆積した地層が、地殻変動によって垂直に近い角度で立ち上がり、所により地層の上下が逆転している様子が観察できます。荒船海岸の那智勝浦町域は完全な自然海岸となっています。また、荒船海岸の入り口付近では、冬に美しい海霧が見られる。

【エリアが重複するため、『那智勝浦町』にも、同じものが記載されています】

このページの上へ

九龍島と鯛島

九龍島と鯛島

 九龍島と鯛島は、熊野酸性火成岩類の礫を含む九龍島礫岩層でできています。九龍島には多くの洞窟があり、ヤッコカンザシの巣の跡を見ることができます。また、暖地性植物群落と大小の洞窟があり、河内祭の起源にまつわる、蛇と鯛の年一回の逢瀬という民話が残されています。鯛島は、対岸から見ると鯛の形をしており、目の部分に穴が空いています。朝日や月が目の中に入る景色が美しい島です。

このページの上へ

橋杭岩

橋杭岩
 約900 mにわたり、幅約15mの橋脚のような岩塔(橋杭)が直線状に並んでいます。約1500万年前~1400万年前に地下から上昇したマグマが、熊野層群に貫入した石英斑岩の岩脈です。岩脈が崩壊して波食棚に散在する漂礫は、巨大地震による津波で運ばれたとされています。(注:橋杭岩も、日本の地質百選『古座川弧状岩脈』に含まれます)弘法大師と天の邪鬼の民話や正直者と海坊主の民話が残されています。国際的に希少な鳥類であるウチヤマセンニュウの繁殖地でもあります。

このページの上へ

樫野崎

樫野崎

 樫野埼灯台は明治3年に初点灯した、日本最初の洋式石造り灯台です。石材には、古座川町産の”宇津木石”が用いられています。周囲には、トルコ軍艦遭難慰霊碑やトルコ記念館があります。

このページの上へ

海金剛

海金剛

 紀伊大島の樫野埼から鷹ノ巣にかけては、硬くて規則的な割れ目が発達する流紋岩からなる断崖・絶壁が特徴的です。海金剛はこれらの割れ目によって作られた離れ岩が林立する景観を作り出しています。この地域は南海トラフの巨大地震ごとに隆起し、海岸段丘が発達します。

このページの上へ

地獄の釜

地獄の釜

 紀伊大島に分布する流紋岩質火砕岩中に空いた大きな穴です。火成岩からなる海食洞窟の天井が崩落したものと考えられています。底は海と繋がっています。かつて、六部(六十六カ国の霊場にお経を納めて廻る行者)が2人の武士に追いかけられ、この穴の淵まで追いつめられ斬り殺され底に転落したという伝説があります。

このページの上へ

大島の火成岩

大島の火成岩

 紀伊大島で約1500万年前~1400万年前に形成された流紋岩や流紋岩質火砕岩からなる火成岩体です。流紋岩溶岩、貫入岩が流紋岩質火砕岩を覆い、流紋岩質火砕岩には一部に水中を流れた堆積構造が見られます。

このページの上へ

潮岬の火成岩

潮岬の火成岩

 約1500万年前~1400万年前に複雑なマグマの動きによって形成された火成岩体です。ナイショ碆やナビラカの海岸でも多様な火成岩が混在します。潮岬灯台周辺の海岸では、海底火山の産物である枕状溶岩や岩脈群、化学成分の異なるマグマ同士からできた火成岩の境界を観察することができます。火成岩の断崖上には潮岬灯台と潮御崎神社があります。潮岬灯台は、明治3年に仮点灯し、明治6年に本点灯した日本最初の洋式木造灯台です。明治11年には石造りに改築され、古座川町産の”宇津木石”が用いられました。潮御崎神社の石垣には枕状溶岩などが用いられています。

このページの上へ

潮岬の海岸段丘

潮岬の海岸段丘

 潮岬には2段の海岸段丘が発達します。段丘上には海岸の礫が載っていることから、この平坦面は、かつて海水面付近で形成された波食棚であったことがわかっています。南海トラフで発生する巨大地震ごとに隆起を繰り返し、現在の高度まで持ち上げられました。

このページの上へ

潮岬の陸繋島

潮岬の陸繋島

 河口から流出する砂礫は、沿岸流によって運ばれ砂州を形成します。潮岬はもともと島であったが、陸側から沖合いの潮岬(島)に向かって砂州が成長し、やがてつながり陸繋島となりました。砂州の部分をトンボロといいます。この砂州の上に串本の町並みができました。砂州の南端部には弥生時代の笠嶋遺跡があります。

このページの上へ

袋の津波到達標柱

袋の津波到達標柱

 昭和南海地震(1946年)の津波到達の標柱です。山の斜面には津波の到達水位(約7.9m)が示されています。袋付近は津波が高くなる地形的特長があり、次の南海トラフでの巨大地震で想定される浸水深は周辺地域より大きくなっています。

このページの上へ

串本海域公園

串本海域公園

 黒潮の影響で、世界最北のテーブルサンゴの生態系が成立しています。また、サンゴ以外にも日本の分布の北限の記録を持つ熱帯性の生き物が見られます。ラムサール条約湿地です。海岸線には熊野層群の比較的整然とした砂岩泥岩互層が露出し砂岩岩脈が発達します。

このページの上へ

田の崎

田の崎

 堆積した時代が大きく異なる地層群の関係を不整合と呼びます。ここでは紀伊半島の土台をなす付加体の牟婁層群と、その上に堆積した前弧海盆堆積体の熊野層群の不整合関係が観察できます。両層群の堆積には約1000万年の間隔があります。その間にもプレートの運動が続き、付加体の上に新しく前弧海盆を形成しました。

このページの上へ

江田海岸

江田海岸

 波食台上に現れた褶曲を観察できます。また、津波石の可能性のある巨石が散在しています。熊野古道大辺路が海岸を通るルート沿いにあります。牟婁層群の砂岩泥岩互層で出来ています。

このページの上へ

サラシ首層

サラシ首層

 田子浦の波食棚上には、あたかも”さらし首”のように巨礫が散在します。かつて海底土石流によって形成された巨礫を含むこの泥岩層は、サラシ首層と呼ばれています。付加体(牟婁層群)で出来た大陸斜面が崩壊して海底土石流が発生し、牟婁層群で出来た大陸斜面上に堆積したとされています。

このページの上へ

和深海岸

和深海岸

 砂岩と泥岩が交互に積み重なった砂岩泥岩互層は、海溝の扇状地に堆積した地層で『タービダイト』と呼ばれています。地層の下面には砂や泥を運んだ乱流(混濁流)の向きを示す痕跡(ソールマーク)が見られます。和深の海岸は、紀伊半島の土台をなす付加体の地層観察に絶好の地点です。

このページの上へ

佐部の湯の谷

佐部の湯の谷

 古座川弧状岩脈沿いに1946年の昭和南海地震まで自然湧出していた温泉で、四角い井戸状の石組みが残り、足湯のようなかたちで利用されていたと伝えられています。周囲の岩盤上に「薬師如来」の文字や仏像などが彫られており、古くから湯治場として利用されていたことが伺えます。

このページの上へ

堀切の滝

堀切の滝

 串本町の津荷川に存在する落差約4mの滝です。河道を変えるために、現在滝を形成している岩盤を掘削した人工の滝です。いつ頃の工事なのか定かではありませんが、遅くとも明治の中頃にはできていたと考えられています。