ジオパーク(Geopark)とは

その地域の大地のなりたちを知るだけでなく、歴史・文化・動植物・食などを通じて、大地と人の暮らしの関わりを実感して楽しむところです。

Geoparkとは

世界遺産との違いは?

世界遺産 ジオパーク
ユネスコとの関係 正式事業 正式事業
※H27.11までは支援事業
目的 保護 保護と活用
評価対象 モノ モノとヒト
審査 1回 4年に1回

ジオパークはジオに関わる自然遺産や文化遺産を保護しつつ、それらを教育や科学の普及、地域振興策などに活用します。
保護と活用の両面を重視する点が、主に保護を目的とする世界遺産とは異なる点です。また、ジオパークはものだけでなくヒト(そこで行われている人の活動)が評価にあたって重視されます。

ジオパークになるには?

他のジオパークは?

日本国内には、日本ジオパーク委員会に認定された日本ジオパークが43地域あり、そのうち8地域は、ユネスコ世界ジオパークに認定されています。

平成28年9月現在

ジオサイトとは?

ジオパークの見どころとなる場所をジオサイトと呼びます。
地質、地形、自然、歴史、文化など、そのジオパークを特色づける見学場所のことです。
現在、107箇所のジオサイトを選定しています。(平成27年9月現在)*平成27年9月に5箇所追加