【南紀熊野ジオパーク活動促進事業共催団体が決定!】

ジオパークに関する活動について、地域を拠点としている民間団体等から、企画提案を募集し、審査の結果、下記団体(者)に決定しました。
今後、これらの団体(者)と南紀熊野ジオパーク推進協議会が共催でジオパーク活動の促進を目的とした事業を実施します。

▼特定非営利活動法人自然体験学習支援センター【和歌山市】
『海からジオパークin白浜エリア2期調査』
白浜町の「千畳敷」「三段壁」「志原海岸」を調査し、パンフレットを作成する。シュノーケリングで海から見た地形や生物を楽しんでもらうジオ体験プログラムとして活用を図る。

▼口熊野かみとんだガイドの会【上富田町】
『ジオと世界遺産のコラボ ~口熊野かみとんだ・里山の魅力を世界に発信!』
上富田町の参詣道及び地域の産品紹介など情報を発信のできる日本語・英語標記の地図を作成し、配布するだけでなく、ガイドの研修にも使用する。また、地元産品を使ったスイーツの開発も行う。

▼たいジオ。【太地町】
『ジオパークの地域活性化、教育への活用』
ジオパークを通じた地域活性化を図るため、ジオパークに関連するグッズや体験メニュー等を開発する。また、子供たちに自分の住んでいるところの良さを新発見してもらえるよう教育普及活動を行う。

▼熊野人倶楽部【白浜町】
『大地のいとなみを2世代で味わおう』
2世代ペアで体験バスツアーを催行。白浜町内の自然観察や温泉源泉の現地見学を行うほか、海の生活体験などを行い、大地の営みを知るだけでなく、体験を通して2世代間のコミュニケーションを図ってもらうことを目指す。

▼熊野円座【那智勝浦町】
『ラムサール条約湿地と南紀熊野ジオパークから考える、私たちのポテンシャル』
ラムサール条約湿地の取り組みや地域の関わりについて、講演会を開催。また、串本海中公園の館内外で串本沿岸海域の魅力について学び、ジオパークとのつながりについて考えていく。

▼串本地質グループ【串本町】
『橋杭小学生と一緒に作る!「橋杭岩ジオサイトとくじの川周遊コース探検マップ(仮)』
ジオパーク内で暮らす小学生にジオサイトへの理解を深めてもらうことやジオパーク全体の発展と小学生の郷土愛の向上を目指す。

▼すさみ町観光協会【すさみ町】
『すさみ枯木灘周辺見どころマップ作成』
すさみ町のジオサイトや枯木灘の見どころ盛り込んだマップを作成。道の駅すさみの観光案内所を拠点に観光施設等にマップを設置し、観光客の誘致につなげる。

▼NPO熊野みんなの家【那智勝浦町】
『「尻剣谷製錬所跡」の教育・観光資源としての活用の可能性の調査研究と試行ツアー』
平成27年度にジオサイトに追加選定された「尻剣谷製錬所跡」の調査と探索を行い、防災や観光資源としての活用の可能性を研究する。

saitakuitiran